内科の医師が職場を変えるための転職をしたり、あるいは、他の診療科の医師が内科へと転科したり、この時にはどうしても収入のことを気にせざるを得ません。

前者の場合には勤務体制を見直すために転職するのかもしれませんし、後者の場合には内科に魅力を感じたからこそ転科・転職を決意したのかもしれませんが、それでも収入を無視して新たな職場を決めることはできないでしょう。

内科の医師の収入額は一概に語れない

とは言っても、内科の医師の収入を狭い範囲で語ることはできません。
働いている場所や環境、働き方、年齢や経験などによってだいぶ異なってくるからです。

内科の医師の平均年収は1200万円あたりから1500万円程度とは言われていますが、これは参考程度にしかなりません。
30代や40代になっても1000万円未満の年収で働いている内科の医師がいることも知っておきましょう。

勤務医と非常勤医師の年収

また、勤務医の年収が高く非常勤医師の年収が低いというわけでもなければ、その逆のことが言えるというわけでもありません。

例えば、病院に勤めている常勤医師は1400万円ほどの年収があると言われていますが、これを時給に換算すると8,000円を割り込みます。
一方、非常勤医師が求人を探すときには時給が提示されることも多いですが、その額は平均で1万円ほどとなっています。

これだけ見れば非常勤医師の方が平均年収は多くなりそうですが、勤務医の平均年収というのはあくまでも平均であり、それよりも多くの給与を受け取っている人が多数いるものの、非常勤医師の場合には時給がこの額よりも極端に上がることはなく、むしろ低いケースも多いため、単純に常勤で働いた方が収入が低くなるとは言えないのです。

アルバイトのような形で働いたとしても、年収2,000万円前後稼ぐことは可能でしょう。
いくつもの医療施設で働く必要があり、拘束時間もかなり多くなるかもしれませんが、内科の医師でも働き方次第ではこれだけの年収を得ることができます。

シンプルに平均年収を割り出した場合には1300万円や1400万円あたりとなるのかもしれませんが、それもすべて働き方次第。
常勤であればある程度守られていますし福利厚生など給与以外のメリットもあります。

さまざまな先生の元で勉強をし最終的に開業医を目指すなどであれば、しばらくは非常勤で働くという選択肢もあるでしょう。
ちなみに、常勤務医として働いていても、スポット勤務などを利用しさらに年収アップを図ることが可能です。

環境、給与、福利厚生、勤務時間、業務内容などいくつもの重要な要素に優先順位をつけるなどし、これからの働き方を見据えた上で転職するかどうか、あるいは転科先や転職先を決めることが重要となってきます。

常勤と非常勤の医師の働き方の違いをしっかり理解しよう

  • 1

当サイトの管理情報

記事一覧

医師の求人を探す方法

転職を機に内科医になろうと決めた人、あるいは、すでに内科医として働いているが、さらに高みを目指している、さらに良い環境・待遇で働く場所を探そうと考えている人は、自分に合った医療施設を見つけ出さなければなりません。

次に働く職場の探し方で代表的な方法は、知人の紹介医師求人サイトの利用の2つです。
最終的に自分に合った医療施設と出会えるのであれば、どちらを利用しても良いでしょう。

知人の紹介での注意点

知人の紹介で注意したいのは、バイアスがかかっていないかを適切に見極めること。
「彼が紹介してくれているんだから間違いない」という考え方は極めて危険。
いくら信頼できる医師仲間であっても、その人の価値観と自分の価値観は異なります。

誰かに紹介してもらったとしても表面的なイメージのみで判断するのではなく、その病院なりクリニックなりがどのようなところなのかをしっかりと確認してから実際に働くかどうかを決定しなければいけません。

また、知人の紹介の場合、相手側も自分に対して少し偏った見方をしているケースがあります。
キャリアなど自分の情報がどのように伝わっているのかも確認し、お互いの抱いている感覚に齟齬がないようにしておきましょう。
面接や面談などを通じてこの擦り合わせを行いつつ、条件等も整理しておくことです。

医師向け求人サイトを利用する場合はエージェントタイプのサイトがおすすめ

もう1つ、医師向け求人サイトを利用する探し方ですが、できるだけエージェントタイプのサイトの利用をおすすめします。

どうせ利用するなら、キャリアコンサルタントのお世話になりましょう。

職業差別をするつもりはありませんが、それでも医師は、他の職種とは全くと言っていいほど異なる仕事です。
雇う医療施設側も採用には慎重になり、応募してきた医師の選定には厳しくならざるを得ません。
失敗は許されないのが医師ですから、十分な経験と知識、技能を持っている医師を見極めようとする、これは当たり前のことです。

となると、環境のいい医療施設の多くは未公開求人という形で医師の求人を出し、それをキャリアコンサルタントに託します。
応募者殺到を防ぐためです。

コンサルタントは、それに見合った応募者がいない限りはその医師の求人を公開することはありません。

エージェントを利用するメリットはまさにここにあり。
自分にマッチしているだけではなく、環境や待遇のいい良質な医療施設と出会える可能性が、少なくとも公開求人よりはあるわけです。

転職の時期やタイミング、医局の辞め方、こうしたことの相談にもコンサルタントは熱心に対応してくれます。
メリットはいくつもありますから、ぜひ利用してみてください。

画像出典元:https://www.dr-10.com/

知っておきたい内科医の大変なところ

大変じゃない診療科目は無い

数多くある診療科目の中で、最も大変なところはどこか。
この議論をすると、産婦人科医が一番大変だという声や、いや、外科医の方が大変だろうという声が次々と上がってきますが、実際には多くの医師がこう答えます。
どの診療科目も大変である」と。

内科の医師は外科医師のように手術を行うわけではありません。
産婦人科医のように時に何時間も患者に寄り添い命の誕生と向き合いながら、しかし訴訟を起こされてしまうリスクが常にあるわけでもありません。

そういう意味ではあまり大変な診療科目ではないと思われることもあるのですが、しかし、現実は必ずしもそうは言えず、内科は内科なりにさまざまな苦労と向き合っているのです。

患者数が多い「内科」の苦労

まず、非常に幅広い治療を行わなければいけません。
もちろん、診察も含め、さまざまな症例と向き合うことになるのが内科の医師です。
患者の年齢も幅広いですし、性別ももちろんどちらかに偏っているわけではなく、また、患者が訴える症状も人によって大きく異なります。

一人一人全く異なるといってもいい症状を診た上で、適切な判断と治療を行っていくことが求められるわけですが、これは想像以上に大変なこと。

判断を誤り、実際には大きな病気が隠れているにもかかわらず風邪などと診断し適切な初期治療を行わないなどがあれば、そのたった1つの判断ミスで患者は命を落としてしまうことだってあるのです。

幅広い治療を行うには、それだけの経験と知識も必要となります。
中途半端な知識では正しい判断ができません。
他の診療科目から内科へと転職を考えるているのであれば、それだけ大きな責任があると思っておくべきでしょう。

さまざまな症例や症状の患者が訪れ、その年齢も性別もさまざまであるということは、それだけ患者の数が多いとも言えます。
体に何かしらの異変があれば、まず訪れるべきは内科、そう考える人は多く、実際にそのような人たちが訪れるのがこの診療科目。

夏には食中毒や熱中症などの症状、冬には風邪やインフルエンザなど、内科の医師が役割を果たさなければならない場面は一年中あり、一気に多くの患者が訪れることもあるでしょう。

患者の数が多いと、それだけの人とコミュニケーションも取ることになり、このあたりに苦労を感じる医師も少なくはありません。

このように、苦労や大変なことが意外と多い内科医という仕事。
決して楽などできませんし、甘い考えで転職先として選ぶべきではなく、しかし、だからこそやりがいがあると言えるのかもしれません。

多くの患者に対し幅広い知識で治療に当たる内科医が取得したい『認定内科医』

[card=http://www.fadoc.jp/genba.html]
内科の医師に定年はあるのか

公務員医師として国立病院や県立病院などで働いている場合、65歳で定年を迎えることになります。
この点だけを見れば、内科の医師にも定年があることになります。

働き手の不足から、あるいは、60歳を超えた人たちの知識や経験を生かすことができるため、そして、この年代の人たちの働き手としてのニーズも非常に高いことから、一般企業でも退職する年齢を引き上げたり、あるいは再雇用という形で、その知識や経験を発揮してもらう場を与えつつあります。

65歳で定年を迎えるが働き続けることも可能

内科の医師も同じ。65歳というのは医師にとってはまだまだ十分働くことができる年齢です。
外科医や救命医など体力が必要な現場では若い医師にその道を譲る人も出てくるかもしれませんが、内科であれば多くの医師が問題なく働き続けることができるでしょう。

事実、すでに定年退職を迎えた医師を採用する医療施設は増えてきています
ある程度キャリアを積んだ医師にしかできない診療がありますし、その経験によって指導的役割を果たしてもらいたいと考え採用する病院や診療所も少なくはありません。

医師としてのキャリアをどう作り上げていくのか、これはとても重要なことですし早めに考え始めておくべきですが、65歳を超えたら途端に仕事がなくなるということは医師の場合には有り得ないので、30代や40代の医師はそこまで深刻に考えるべきではないでしょう。

もうすぐ60歳を迎えようとしている、あるいはすでに勤めていた病院の規定により退職しているのであれば、次のキャリアのための行動に出るようにしてください。
自らのキャリアを振り返り、どのような場所であれば働くことができるのか、経験を生かすにはどういった職場がいいのかを整理してから、求人を探すことをおすすめします。

経験のある医師を欲しているところは多い

病院や診療所にこだわる必要はないでしょう。
介護施設や企業への再就職、あるいは非常勤での勤務も視野に入れることができるはずです。

こうした施設や企業では、むしろ経験のある医師を欲しているケースが大半です。
そして、内科医としての経験もフルに発揮できる職場となるでしょう。
非常勤であれば体力の心配もさほどせずに働くことができますし、プライベートな時間も確保しながら、これまでの経験を生かすことが可能です。

どのような道を選ぶにしても、内科の医師に定年はないということを念頭に次のステップを踏むべきです。
いえ、定年を迎えるかどうかは本人次第、こう表現した方が正しいのかもしれません。

非常勤で働く場合と、常勤で働く場合の違いは?

[card=http://www.fadoc.jp/system.html]

非常勤で働く場合の収入について

[card=http://www.fadoc.jp/fadoc_crossvol3.html]

非常勤医の求人はある?

[card=http://www.fadoc.jp/search]
内科の医師の平均年収はいくらか

内科の医師が職場を変えるための転職をしたり、あるいは、他の診療科の医師が内科へと転科したり、この時にはどうしても収入のことを気にせざるを得ません。

前者の場合には勤務体制を見直すために転職するのかもしれませんし、後者の場合には内科に魅力を感じたからこそ転科・転職を決意したのかもしれませんが、それでも収入を無視して新たな職場を決めることはできないでしょう。

内科の医師の収入額は一概に語れない

とは言っても、内科の医師の収入を狭い範囲で語ることはできません。
働いている場所や環境、働き方、年齢や経験などによってだいぶ異なってくるからです。

内科の医師の平均年収は1200万円あたりから1500万円程度とは言われていますが、これは参考程度にしかなりません。
30代や40代になっても1000万円未満の年収で働いている内科の医師がいることも知っておきましょう。

勤務医と非常勤医師の年収

また、勤務医の年収が高く非常勤医師の年収が低いというわけでもなければ、その逆のことが言えるというわけでもありません。

例えば、病院に勤めている常勤医師は1400万円ほどの年収があると言われていますが、これを時給に換算すると8,000円を割り込みます。
一方、非常勤医師が求人を探すときには時給が提示されることも多いですが、その額は平均で1万円ほどとなっています。

これだけ見れば非常勤医師の方が平均年収は多くなりそうですが、勤務医の平均年収というのはあくまでも平均であり、それよりも多くの給与を受け取っている人が多数いるものの、非常勤医師の場合には時給がこの額よりも極端に上がることはなく、むしろ低いケースも多いため、単純に常勤で働いた方が収入が低くなるとは言えないのです。

アルバイトのような形で働いたとしても、年収2,000万円前後稼ぐことは可能でしょう。
いくつもの医療施設で働く必要があり、拘束時間もかなり多くなるかもしれませんが、内科の医師でも働き方次第ではこれだけの年収を得ることができます。

シンプルに平均年収を割り出した場合には1300万円や1400万円あたりとなるのかもしれませんが、それもすべて働き方次第。
常勤であればある程度守られていますし福利厚生など給与以外のメリットもあります。

さまざまな先生の元で勉強をし最終的に開業医を目指すなどであれば、しばらくは非常勤で働くという選択肢もあるでしょう。
ちなみに、常勤務医として働いていても、スポット勤務などを利用しさらに年収アップを図ることが可能です。

環境、給与、福利厚生、勤務時間、業務内容などいくつもの重要な要素に優先順位をつけるなどし、これからの働き方を見据えた上で転職するかどうか、あるいは転科先や転職先を決めることが重要となってきます。

常勤と非常勤の医師の働き方の違いをしっかり理解しよう

[card=http://www.fadoc.jp/system.html]
勤務医と非常勤の医師の働き方の違い

大学病院の勤務医は勤務時間が長くなる傾向

内科という診療科目は同じだったとしても、その働き方は医師によって千差万別です。
激務によって転職を考える人もいれば、責任は重く感じているけれども激務という状況にはない内科の医師もいるでしょう。

前者は勤務医に多く見られます。
特に大学病院などで勤務医として働いていると、クリニックなどの小規模な医療施設で働くよりも勤務時間が長くなる傾向があります。

大学病院では当直が必要になりますし、救急外来などがあれば、それに対応しなければならず、睡眠時間を取ることが難しい日も出てくるでしょう。
内科の医師に限ったことではありませんが、大学病院などの勤務医はこうした働き方が当たり前となっています。

非常勤・クリニック勤務は落ち着いて勤務できる傾向

一方、クリニックなどで勤務している人や非常勤で働いている人は、勤務時間のみで見れば激務とは言えない働き方をしている人が大多数を占めています。
クリニックはそもそも診療時間が限られているため当直などはないケースも少なくなく、あったとしても、大規模病院と比較すれば落ち着いている日の方が多いはず。

もちろん、非常勤であっても大きな病院で働いていたり当直やオンコールがあるケースもあるので一概には言えませんが、このような働き方の違いがあることは押さえておきたいところ。

勤務場所が定まらない

働き方の違いは勤務時間だけに関わることのみではありません。
非常勤の場合、ある曜日はどこかの病院で働き、また別の曜日はクリニックで内科の医師として働くという形を選択している人もいるのです。
つまり、勤務場所が定まらない医師が多くいるということ。

自分のペースで診療を行えるというメリットがある一方で、働く先は自ら探さなければいけなくなります。
医師の求人は探せば山ほど手に入れることができますし、内科の医師を求めている病院やクリニックもいくつも見つけることは可能ですが、働く場所が変われば診療方針や環境も変わるため、それに対応・適応しなければならないという苦労もあるのです。

収入が安定しない

収入も安定しないでしょう。
いくつもの医療施設で次々と働けば非常勤の医師でも十分な収入を得ることは可能ですが、それであれば勤務医として1つの病院で働いていた方が福利厚生などの面でも優遇されると考えることができます。

どちらを選択するのかはもちろん自由。
ただ、安易に「勤務医が大変で非常勤は楽」といった認識は持たない方がいいでしょう。
その認識が最良の選択や転職を邪魔してしまう可能性が出てきます。
自分に合った働き方は何かを今一度見つめ直し、それから転職を考えるようにしてください。

内科の医師になるために必要な資格とは

医学部で学ぶ前から、将来どの診療科目で医師としての腕を振るっていくのかを決めていた人もいるかもしれません。
医学部で学んでいる途中で、あるいは実際に研修等を受けながら、それを決めた人もいるでしょう。

いずれにしても、医学部で学び、医師免許を取得したら自ら専門分野を選択し、そこでさらに深い領域に関して学んでいきます。
内科の医師になるには、医師免許を取得し研修を受けた後で内科を選択すればいいわけですが、最初からその道を歩まなくても、後で内科へと転科することも可能です。

医師国家試験にさえ合格していれば選ぶ診療科目は自由ですから、外科から内科へと転科し第二の医師人生を歩むことも不可能ではないわけです。

認定内科医を目指す

ただし、転科後にすぐに他の内科の医師と同じことができるわけではありません。
これまでとは異なる分野で仕事をすることになるわけですから、必要な知識や技術も異なってきますし、勝手の違いに戸惑う場面も出てくるでしょう。

もし内科の医師としてこれからさらに腕を磨いていきたい、さらに深い専門知識や技術を身につけたいと考えるのであれば、まずは認定内科医を目指すべきです。

認定内科医とは

認定内科医は、まさに専門知識や技能を持つと認定された内科医のこと。
認定医制度審議会がこの制度を運営しており、資格認定試験委員会が「認定内科医資格認定試験」を実施しています。

この試験を受けるためには、受験資格を有していなければなりません。
まず、日本の医師免許を持っていること。
そして、日本内科学会の会員であり、また、会費と受験料を支払っていることも条件となっています。
日本内科学会が認定した施設で研修を受けていることも必須要件。

さらには18症例分の病歴要約一式を提出し、受持ちの症例の発表実績を持っていることも条件となっています。
さらに、医師免許を取得した後に救急蘇生講習会を受講していなければいけません。

これら全てをクリアした者にのみ与えられる、認定内科医資格認定試験の受験資格。
内科の医師として働いていればさほど高いハードルではありませんが、これから内科への転科を考える人は、この試験を受験するまでに少し時間が必要になるでしょう。

しかし、転科後にこの分野で十分に貢献していきたいと考えるならば、この試験を受けることからは逃れられません。

もちろん、認定内科医とならなくとも内科の医師として務めを果たすことはできますが、長い目で見れば、越えなければならないハードルとなってくるはずです。